facebook と 個人情報

非常に恥ずかしい話だが、facebookでお友達申請を試みるのだがなかなかうまくいかない。
かたや500人1000人登録している人を時々うらやましく思う。
私はせいぜい30~40人程度で時々減っている。
確かこの人いたはずだけどなぁというのが消えているのを見るたびに思うのが、
facebook自体が実はその人の人間性によるものが多いことを痛感させられる。
自分は相手にとって好感をもって接しているのだが、相手からすれば違うというのがfacebookを通じて感じたことかもしれない。
52.1:1107:936:350:296:facebook2:none:1:1::
この後、紹介をした結果。
83.4:1069:939:350:307:facebook1:none:1:1::
要するにこういったことは当たり前にあるわけで、facebookを使うことでわかるのは、相手がどの程度自分に対して感じているか見る指標になっている。
facebookでイイネ!が増えないのはこういった根本的な問題を抱えていると自分なりに分析したところである。
ある場所でも話したが、これまでに100人近くのお友達申請をしたが、半分以上がスルーされている。
まぁよい悪いはさておき、なぜされないのか真剣に考えた結論が「プライベートなことは知られたくない」ということだろうか。
さてfacebook自体が実名登録を基本にしているが、これによって個人情報がダダ漏れしているわけで、私の場合はお友達リストが多い人(500人)を一つ一つ見る。
実際、よく見る名前の人が結構上がってくるが、そのときに感じるのが
「あの人とあの人はfecebookでつながりがあるんだ」ということを知る。
登録している人にしてみれば「自分はこれだけいるんだ」という自慢かもしれんが、私から見れば「この人と知り合いなら、少しつきあい方を考えよう、この人はなぜ知り合いなんだ?」というところを見てしまう。
そういったところで、私に対する本心が透けて見えてしまう。
高等テクニックは、しれっと登録してそっとしておく
そうすれば、相手の本心を悟られずに済むのかもしれない。
こんな状態じゃ、とうていfacebookでマーケティングなんかできるはずがない。
facebookも便利だが、結局は人と人とのつながりであり、そこには純粋に「好き嫌い」が介在する社会であること。
結論は「ぼくはあんまり人に好かれてないんだなぁ」と実感。
こればかりは、いくらマーケティングのセミナー受講しても本読んでも解決できそうにない。
現在500人とか1000人いる人に、どうやったらこんなに増やせるのかコツを伝授してほしいものである。
そんな訳でまた明日。

Comments are closed.