コールセンタの穴をつく

近頃のコールセンタの常套手段が
「通話録音」なのだが、
この通話録音は実は思いの外役に立たないようだ。
通話録音を精査して聞き取りができるのは、ごく一部の管理職に限られ
一般職では権限すらない。
通話録音に関しては、不利になると思いがちだが
相手の不備を逆手に「通録(通話録音の略)があるのだから確認しなさい」
ということは、コールセンタにとって具合の悪いことと思う。
まぁ、電話の都度、氏名・生年月日・住所を答えないと誰にも取り次がない。
本人じゃないとだめだと言うは、致し方なく理解できるが
もう少し利用者の立場たった対応をすべきでないだろうか。
非常に頭が痛い話である

Comments are closed.