コンビニとプリペイドカード

コンビニは、いわゆる「トレンドのお店」でして
毎日何かある訳で無く、立ち寄る。
立ち寄る用件として
*トイレ(スミマセン。ほとんどの理由です)
*食べ物を買う(これがほとんど)
*ATMにお金の入出金(大して残高はないんですが・・・)
*マンガ本や雑誌(物色するが、良い本が見つからず)
*最新の製品の研究(・・・これが一番の目的です)
と言う訳で、今日購入したのはオンライン動画のプリペイドカード
2124.4:3264:2448:350:263:NONALNUM-494D47303637395B315D:none:1:1::
なんだ~そんな事知ってるよ。
って声が聞こえてきそうな感じのプリペイドカードですが
この仕組みが非常にユニークでこれは、ほかのカードも同様ですが
基本的にレジで購入登録(オンラインレジストリ)を行う仕組みになっており、コンビニで決済が完了した事をリアルタイムにセンタに流す仕組みになっています。
これによって、盗難で利用しようと思ってもコンビニのレジ決済が完了していない為、すぐに足が付くと言う算段です。
さらに裏のバーコードは、すべて一意の専用バーコードとなっているところがポイントで
通常のJANコードとはやや異なり、UCC/EAN-128コードと呼ばれるバーコードで作られているのが特徴です。
http://www.rolan.co.jp/shouhin/s_Windows_3.html
コード構成の詳細については、割愛しますが
非常にユニークなシステムで、プレリリースは以下の通り
https://www.tdupdate.net/doc/3738/MTM1NDYwMTkwNy40MzE1NTE4MjYx.pdf
決済を行わないといけない部分におもしろさがありますがクレジットカードと違い
ギフトカードとして利用できるのかな?と思ってしまいます。
額面が表示されている事に多少抵抗があると思いますが、時として分かった方が良い場合もあります。
新しい試みに乗っかってみました

Comments are closed.