ドメイン移管に関する手順とその段取り

事業間におけるドメインの受け渡しは様々な点でトラブルになるため、一言にこの手順が正しい。と言う事はありません。
その際どのようにするべきか
最初に「ドメインを何時のタイミングで移管するか決める」という基本的考え
この何時のタイミング?と言うのは難しいのですが
基本的には
「動的に切り替える場合は、前事業者からのデータにロスが無い事を前提」
とする事があげられます
つまり受け入れ準備ができたら、すぐに切り替える段取りを踏むのが重要となるのです。
また、ドメインの移転に関しては「申請と同意」がセットとなるため、
「申請」を上げる事よりも、申請を行う事に対する「同意」が無ければ実際は無効となってしまうのです。
この申請と同意の難しさは、様々な場面で目の当たりにします。
ドメインの移転申請は誰でも可能なため、悪意もって手続きを完了させてしまえば、これこそ問題になると言わざる得ません。
却ってそうなってしまうと私の会社の責任問題に発展するためなんとしてでも避けなければいけない事案とも言えます。
こういったトラブルを無くすためには、書面による了解事項を得た上で、**月**日に手続きを行い、どこの事業者から依頼を書けると言う事は少なかれ重要な事と言えそうです。
この段取りを知らずに暴走して仮に依頼が入っても、問答無用で却下します。
その理由は上記の通り、段取りを無視して行うところにその問題があるからほかに無いからです。

Comments are closed.