タイムマネジメントの一工夫

時間があるって思うのは本当、暇なときだけですが
先日、とある人の話から出た言葉は「規則正しい生活は大事」というワンフレーズが印象に残っています。
朝は6時に起き、夜は9時に寝る
と言った当たり前の事を当たり前にする
日々の業務に追われながら、そのタイムマネジメントはなかなかうまく構築できずジレンマがあるのですが、ブログを書く時間はどのように工夫するかデスクワーク中心の私にはこれも難しい。
立場上、監視されるより監視する側にいるせいか、自分で自分の時間を管理しなければ誰もしてくれない。
無駄な時間をどれだけ省くかは、移動時間の短縮は勿論の事、一番の無駄が「電話」だと知った。
本来電話は便利な物ですが、実際は相手の時間にお構いなしで入ってくる。
これが電話である。
メールで済めば一番良いと思うが、やはりそれだけでは無機質過ぎる。
電話はそういった場面で役立つ。
タイムマネジメントの一工夫としながら、電話は最小限に、メールを活用し、ファクスを併用する。
つまり「自分の時間を優先して、相手の時間を邪魔しない」という原理原則があると考える
メールでコミュニケーションが取れる相手は、無理に電話はかけない。
逆にメールが届いているかどうかはっきりしない時は、むしろ電話をかけて真意を伝える
難しい世の中になりました

Comments are closed.