留守・時間外受付の電話番号について(お知らせ)

先日の記事でも取り上げました様に、時間外の電話番号を下記の通り開設致しました。
メッセージボックス型の番号ですので、ご用件がある場合はメッセージをお願いします。
<電話番号(メッセージボックス)>
050-3355-5050(24時間受付)
※NTTコミュニケーションズの050あんしんナンバーを利用しています。
営業時間中に留守にする場合も上記電話番号へ自動的に接続されます。
今後もより良いサービスをご提案できる様、努力してまいります。
よろしくお願いします。
ここ最近は、一ヶ月の業務の半分が作業に追われている毎日です。
その一方で、マーケティングをかねたコンサルティングに力を入れるようになりました。
ひとえにこの10年近く、観光業のお客さまを中心におつきあいさせていただいた経験から、率直に売れる戦略とは何か?
私の個人的な意見を交えながら、取り上げたいと思います。
ここ5年から10年は、インターネットの普及に伴い、旅行を選ぶ際の宿探しはインターネット無くして成り立ちません。
むしろ、旅行にはインターネットが一番の旅先案内人と言って間違いなさそうです。
そんな中、ホームページの意義を問われながら、制作した中で一番頭をひねったのは
「どこまでを情報として開示すべきか」と言う点。
特に売れるホームページとは何か?と言う原理原則に帰った際、よく見られているのは
「宿泊プラン」が圧倒的に多く、その次に「館内施設」という流れで、それ以外のページはどれだけ作ってもあまり関心が無いのは、非常に残念な事ですが事実です。
宿泊プランに関しても「たくさん増やすべきか?」と言う問いもありますが、こちらに関しても「残念ながらNo」です。
インターネットである為、試験的なプランを増やしたり、思いつきですぐに掲載も可能です。
しかし、宿泊は見込めても、現場のトラブルを増やし、結果的にマイナス評価を与えてしまえば身もふたもないのです。
売れる戦略とはそもそも何か?これこそ単純な事だと思います。
あるセミナーで料金付けのバランスがありました。
その骨子は
「日本人は真ん中を選びたがる」法則
1)選びやすくする為、主なプランは3つ
具体的に料金も
梅コース 10,000円
竹コース 15,000円
松コース 20,000円
2)前後の関係を踏まえ、金額の幅は一定とする。
そうすれば、選ぶ側が選択しやすいと言う事になるのです。
料金体系は勿論、宿の規模・設備サービス単価などで検討して支障ないとしながらも、このバリエーションに加え選択の幅を広げるのは非常に選ぶ側としても魅力です。
売れる戦略とは、実は名ばかりで私の経験から申し上げるところは、「プラン」の違いが分かりにくい。事が一番の原因と思うのです。
これは、宿側からは当たり前でも、初めてそのプランを見る方にしてみるとその違いが分かりにくい。と言うケースは多々あります。
そして、実情から言って、予約を取るときは「可能な限り平日」を選ぶ。その中でも「火曜~木曜」は狙い目であり、料金が安いところは「安かろう悪かろう」でなく、「良いサービスが受けられる可能性が高い日」と思って良いと思います。
週末などは予約が多く入る為、逆に「平日よりサービスが下がる事は織り込まなくてはいけない」と考えるべきです。
特に宿泊プランは、ホームページを構築する際に、避けて通れない一番の関門で、制作以上にやっかいな印象を受けます。
これ以外については割愛しますが、それだけユーザが一番神経質にチェックする部分だけに決して手を抜くな。と言う部分かもしれません。
話がややそれましたが
「売れる戦略のポイント」は
*わかりやすい料金体系
*コストパフォーマンスが良いか
*自分のイメージにあっているか
と言う3つを満たした時に初めて売れると言うのが、この歳になってやっと分かってきたのが印象です。
売れる戦略の一つに、「ブログを使ったマーケティング」という話をした事があります。
ブログそのものは一つの「情報発信ツール」であるが、その中でどういう記事が良く読まれているのか?
よく読まれている記事をどのように加工したらビジネスにつながるか?
と言う事をアクセスログを見ながら考えています。
私がアクセスログを見るポイントは
*記事
*属性(IPアドレス)
*時間帯
をみます。
当然、記事が多く読まれている物は話題があるので、今後のテーマにはもってこいです。
その次にどういう方が良く来ているのか?(IPアドレスによる分析)
時間帯は何時が一番多いのか?(午前?午後?夜間?)
とおおよそこの点を整理しながら、次の作戦を練ると言う算段です。
売れる戦略という言葉は、常に日々の営業活動から得られる事が多く、大企業であれば「お客さまの声」というリアルな情報をまとめて商品化も可能でしょう。
しかし、我々の様な中小零細企業は決して同じような事は到底できません。
お客さまの声を集める手段として一番良いのが、ブログを定期的に書き、そのアクセスが高い記事をヒントに再構成。
と言ういわゆる単純作業がこれから求められるのでは無いかと考えます。
単純作業は続けるのは決して楽ではありません。
念のため、ブログを書かなければいけない。じゃなく、日頃の事であれば
「自分が不満に思う事」
「自分が不便に思う事」をどうしたら、便利になるか?
が良いサービス、売れるサービスの第一歩だと考えます。
常に自分を一人の利用者として客観的に捉え、実際に利用しながら「不便」に思うところを「カイゼン」して行く事が案外近いことに思えます。
「不便」を逆に売りにして行く方法も勿論あります。
今は、「便利」至上主義で、何でも便利じゃなければいけないと言う時代になってきました。
売れる戦略の原則は「信頼されるブランドづくり」がその一つだと私は考えます。

Comments are closed.