一流企業の書類?

このところ、一流企業と名高い、会社からファクスや提案書をいただく。
その書面の一部を紹介します。
(1)光回線の見積書
1566.9:3312:4678:248:350:NONALNUM-32303132C7AF3035B7EE3330C6FC3232BBFE3031CAAC3333C9C3303030322D32:none:1:1:見積書:
これを見て、驚くのはまだ早く
半角全角・消費税の内税・外税のオンパレードに加え、ナンバーディスプレイをナンバーディスプレーと表記したり、
光ネク(半角)スト(全角)としてみたり、FHSといった意味不明な略称を入れてみたり、あまりにもひどい見積に呆れた。
項目が違う複数CH(月額200円)と、追加番号(月額100円)を合算して表記したり
月額の中にISPが入ってる料金と一般電話回線を併記したり、さらには小数点の混在で見づらさがさらに際立ち
挙げ句に合計が4カ所も表示されて、最終的な金額を読み当てるのが難しい状態になったりとさも当たり前に提示された時は、怒りを通り越して「呆れた」と言わざる得ない。
(2)ファクスのテスト用紙
720.6:3308:4662:248:350:NONALNUM-32303132C7AF3035B7EE3330C6FC3232BBFE3031CAAC3333C9C3303030332D32::1:1:ファクステスト用紙:
こういった物を送るときは、「双方」の個人情報が最大限配慮され、その上でリダイヤルという事で配信するのが常である。
こちらのプライバシーは全く配慮されていない典型例であろうか。
154.4:1619:1135:350:245:NONALNUM-32303132C7AF3035B7EE3330C6FC3232BBFE3031CAAC3333C9C3303030372D32:none:1:1:配線構成図(現状):
これは、特段問題ないがこれを改良するべく提案した図がこちら↓
152.7:1568:1211:350:270:NONALNUM-32303132C7AF3035B7EE3330C6FC3232BBFE3031CAAC3333C9C3303030382D32::1:1::
なぜか配線構成が思い切り変わってるでは無いか??
717.1:4660:3312:350:249:NONALNUM-32303132C7AF3035B7EE3330C6FC3232BBFE3031CAAC3333C9C3303030312D32:none:1:1:パワーポイントで作っている見積書:
文字そろえが無く、その上、3桁区切り文字がなぜか「、(句点)」になっているのが特徴。
940.9:4664:3316:350:249:NONALNUM-32303132C7AF3035B7EE3330C6FC3232BBFE3031CAAC3333C9C3303030362D32::1:1:エクセルで作り直したがやはり見づらい:
これを改良して見やすく?したのが次の案。
んでもって私はどうしたか?
次の書類を事前にFAXしたにも関わらずだ。
4094.4:4660:3284:350:247:NONALNUM-32303132C7AF3035B7EE3330C6FC3233BBFE3032CAAC3337C9C330303032:none:1:1:初期費用比較:
1992.5:4662:3280:350:246:NONALNUM-32303132C7AF3035B7EE3330C6FC3233BBFE3032CAAC3337C9C330303031:none:1:1:月額管理費:
これらをみて、感じた事は一流企業はやる事や環境はすごい?かもしれませんが、こういった見積書や提案書といった類を作るのは決して得意では無く、作成者は管理職が担当者だが信じられるはずがない。
これをみて思った事は、スマートな書類を作成するノウハウはある程度蓄積すべきだし、彼らの提案はあまりにも「手抜き」にもほどがある。
この提案書をみて感じた事は、「高度なオペレーションは無理」だという事。
もう少しレベルアップを望みたいがどうなるやら。
これをみて、明日は我が身と感じた今日この頃である。

Comments are closed.