フレッツ光とBBIQの料金比較

NTTの光回線も気づけば、相当な勢いで安くなってきている。
正直その感覚には、驚きを隠せない。
BBIQの場合は、インターネットのみをすると考えれば、確実に低廉でかつ使いやすいのですが、電話サービスになるとたんにその不便さが顕著の現れてくる。
もっとも、私の場合は長年ISDN回線を愛用しており、その利便性諸々を考えるとどのような方法が適切か迷うところだろうか。
実際問題、BBIQが安くなるパターンは、「アクセスライン」だけで比較した際は、確実にBBIQが安くなり、これに付帯オプションであるIP電話のオプションを加算すると、逆にNTTが安くなる逆転現象が発生してしまう。
比較対象でグラフ化するとわかりやすいが、
ひかり電話のNTTでは、最低限のオプションの組み合わせであれば、BBIQが1800円に対し、NTTが1500円とわずかであるがBBIQが割高になる。しかし、トータルのオプションを加えていくとBBIQは1800円が最大であり、NTTはその点、数千円にまで跳ね上がる料金コースがあるところが大きな違いと言えそうだ。
これまで数年間にわたり、BBIQを利用しており、その際にもアクセスラインに限って利用していた面がある。
その事情を踏まえると、電話サービスが改善されていれば移行は踏みとどまったが、実際問題
NTTの光回線に切り替えた事で、月の試算で約4000円近く削減できるのは非常に大きい。
勿論、これは必要最小限にした場合の時であるが、標準的な構成で切り替えても実に2000円以上は減らせる試算があり、年間で約25000円の削減が見込めるのは経営上プラスでは無いかと思う。
個人的な感覚としては、もっと早くサービスインすれば良かっただけに複雑な心境です。
そんな訳で、どのように進めて行けば良いか検討したい今日この頃です

Comments are closed.