iphoneのライフスタイル

facebookのタイムラインやtwitterのコメントを流し読みしながら考えて見ると面白い事実が浮かび上がる。
softbank版のiphoneとau版のiphoneは通信方式が違う為か、通話しながらのデータ通信に不満を感じるという。
実際問題私の場合は、auとsoftabnkを主に使っているが、データ通信はiphone(ソフトバンク)を使い、通話はauと言う組み合わせは、傍から見ると無駄に思えるのです。
この点だけ見れば、au版ないし、softbank版のihone1つあればたりるのでは?と言うのが正直な感想である。
実際携帯電話を2台もちする意義が近頃薄れてきた感じである。
その理由は至極単純な事で、「通話する相手が限られてきた」という点であろうか。
softbankのホワイトプランが1時~21時まで基本料のみで定額に対し、他の会社は無料通話のパックプランが一般的である
(一部の料金プランを除く)
そうしたときに、一番利便性が高い会社はどこになるのか?考えて見ると
softbankよりもauかもしれない。
私の場合は、やや特殊な使い方であるが
softbankの相手にはsoftbankでやりとりをし、それ以外はauと言う流れだ。
さらに特定のauユーザと事務所には「定額+無料通話」の組み合わせで月額が最低限で済むのも魅力である
auはiphoneにした場合でも、そういった料金プランの選択ができるのは魅力的だ。
softbankはそういった点で、すべてがパッケージングされているのである意味選択肢がない。
選択肢が無いと言う事は決して悪いとは思わない。
なぜなら「そのプランがベストであり、ほかを選ぶ理由がないから」だ。
auに関しては、多くのニーズに応えるべく料金プランを増やし、ソフトバンクはあえて自社囲い込みをメインとし、他の会社へ通話するのは減らし、着信を増やす目的がそこにあるからだろうか。
ユーザ数が少ないソフトバンクはそういった面で行けば、利便性の高い会社といって間違いない。
今後900MHzのプラチナバンドがスタートしていよいよ会社間の違いはなくなる。
このときに初めてどこの会社が良いか真価が問われる時が来ると思う。

Comments are closed.