デジタルデバイス~iPadとビジネスへの活用

昨今、持ち歩きの端末といえば、ケータイかノートパソコンが相場でしたが
ここ数年来は、パソコンを持ち歩く事すらしなくなりました。
理由は案外単純で、パソコンを持ち込んで仕事をする事が減った。と言うのが正直なところです。
それよりも増えたのが、iPadやiPhoneといったスマホ端末を持ち歩く様になりました。
ビジネススタイルのあり方が変わったのは、紙データのPDF化をして持ち歩くと言う、デジタルデバイスというスタイル。
今までは、何でも印刷して持ち込んだり、パソコンをその場で開いて見せたりと言う手法だったのが、iPadに保存したデータをさっと開き、必要に応じて拡大縮小すると言う案は、まさにデジタルデバイスを活用する上で欠かせない手段になった様にすら思えます。
その一方で考えなくちゃいけない問題も同時に見えたのが、ケータイ端末をはじめとした維持費がうなぎ登りになった事。
とにかくパケット定額料がかさむ。これを何とか手当てしなければと思うばかり。
デジタルデバイスがこれからますます増えて行くだけに今後どうなるのか目が離せませんが、「定額」と「高性能」がキーワードになる印象を受けます。
iPadの使い道が浮かばない私にとって、当面の課題は
「ゲームでもネットでもいいからとにかく触れ」
と言う短絡的な発想。
一見、むちゃくちゃな発想に感じますが、やはり「習うより慣れよ」と言う事です。
手元にあるMacをどう使うか未だに迷いながらいる自分が何とも複雑な心境です。

Comments are closed.