NTTファイナンス「料金まとめて請求(0800-333-1000)」に関する素朴な疑問

今月からスタートした「NTTグループ」の料金統合に関する件
Q&A方式でいくつか尋ねたので列記してみます
関連ページはこちら↓↓
http://www.ntt-finance.co.jp/billing_faq/index.html
私自身は、NTTドコモ・NTT西日本・NTTコミュニケーションズの3社との契約があり次の質問をした。
Q1)統合する際、主契約はどうなるのか?
A1)NTTドコモがある場合、主回線とする理由は、「移動体=携帯電話」は引っ越しなどで移転しても連絡が取りやすい。
と言う理由からドコモ回線がある場合は、主回線となる。
また、支払日もNTTドコモに合わせた期日となる(原則月末)
Q2)さらに私は「ドコモの場合は、割賦金などがある為、他の請求書と一括で引き落とされるのか?」という問いには
A2)請求書は1通だが、引落は「NTT西日本・NTTコミュニケーションズ・NTTドコモ」の3社それぞれ発生し、引落の記帳には3件分掲載される事になる
※記帳はNTTF(***などになるとの事(NTTFは推測だが、可能性としては高い)
※実際の収納結果はこれまで通りのNTT西日本・ドコモ・コミュニケーションズとなります(2012/09/01追記)
Q3)「私の会社は、10日が締め日だが、支払日が変更になると計算も変わるのか?」
A3)「原則変わらない」
Q4)請求書の統合はいつから反映されるのか?については
Q4)9月発行分から反映される見込みだ。と言う
Q5)NTTファイナンスの請求書はいつから発生するのか?の件については
A5)「7月1日以降発行する請求書すべてに適用される」という
すなわち、6月利用分からは、請求先がNTTファイナンスになると言う訳である。
現状での支払等は、6月までに請求が計上された料金は、すべてこれまでの会社から請求が計上される。
Q6)「請求書が統合されたら、ポイントも統合されてお得になるのか?」について尋ねると
A6)「NTTファイナンスではそういった特典はありません」
というつれない返事。
これまた残念な事である。
この点だけを見れば、KDDIが一つの会社であるのに対し、NTTファイナンスが請求受託会社である点が大きく異なると言える。
ほかにも気になる点が満載ですが、今回の申込は「仮登録」であり、7月に入ってから正式に変更になると言う。
・・・・・。
当分、様子を見ながら考える事にしよう。

Comments are closed.