無線LANルーターの新しい配線手法。LANとWANの混在接続の事例

物事の発見や研究は、理屈で考えてもなかなか難しく、さらには常識という壁をどうしても越えられず、そのままになる事が多々あります。
さて、そんな中ふとした事で試みた配線事例を紹介します
一般的にADSLモデムやONUといった光ユニットをつなぐ際には、どうしてもダイアルアップ接続(実際はPPPoE接続)をもちいて、行う為、接続機器として「ルータ」を準備します。
このルータには、接続順番があり、モデムとルータをWANポートで直結し、パソコンはLANポートに接続します。
これは、単独の機器がモデム等と直結できる場合ならば、あまり考える必要はありません。
今回のように無線LAN機器をどうしても「見通しの良い場所」に設置しなければいけない事情がある場合と言う特殊なケースに限られますがLANを使い、給電する場合にも有効な策と考えられます。
通常の接続は
「インターネット回線(モデム)」→「ルーター」→「スイッチングハブ」→「パソコン等」
と言う流れをくみますが、この際のルータには「In」と「Out」に相当する「WANポート」と「LANポート」があります。
通常、WANポートは1つ、LANポートが4つですが、中にはWAN1つ、LAN1つといった機器もあります。
小規模(といっても私の会社も超小規模ですが・・・)な環境ならば、さほど気にとがめないレベルでしょう。
しかし、LANポートが5~10(私のところですでに10超えている場合)使用する環境ならば、スイッチングハブが必要になり、さらに配線環境を見いだしていくならば、効率化は避けられません。
これまでの常識で行けば、モデムとルータは隣接した位置で無ければいけない。
と言う固定概念があり、良くも悪くも自由な発想?を阻害していた感じがします。
そこで今回のケースになるのです。
前述したとおり、「ルータ」にはInとOutが存在するのは周知の事実です。
しかし、スイッチングハブには原則「In」と「Out」が存在せず、どちらも「In」となり、「Out」となる性質である為、状況が一変するのです。
さて、今回試みた実験は、スイッチングハブにルータの「LAN」「WAN」とモデムの「WAN」ポート、それにパソコンをつなぎ、ネットに接続できるか?と言うあまりにも無謀な実験を行いました。
使用した機器は、iPhoneの時にもらったFONとBuffaloの5ポートハブ、後はONUユニット(BBIQ)を組み合わせて実験してみました。
本来の接続構成からして、いびつなのはスイッチングハブに「LAN」と「WAN」を両方接続している事。
スイッチングハブに「LAN」を接続する事は通常あり得るが、「WAN」を接続する事はまずない。
・・・と言うより「あり得ない」訳です。
なぜなら「WAN」=「モデム専用」という原則論からして、ルーターの多段接続をするならまだしも、本番接続では考えにくい
「LAN・WAN同時接続」です。
そんな訳で、接続開始
結果は
「成功」
そこで成功の理由を考えました。
インターネットのデータ通信は「パケット」と呼ばれる、情報を規則的な単位でやりとりします。
データ信号は、受け取る側(すなわちルータやパソコン等)で異なり、それぞれが必要とする信号を受け取り、発信しています。
今回のLANとWANとモデムをすべて並べて接続しても正しくつながった?要因として
DHCPが1つしか無かった(ルータ供給分だけ)
事がすべてのネットワークをうまくつなげられた事だろうと見ています。
逆に言えば、DHCPが無い方が確実で、あれば信号の混信で不具合が出てしまう。
と考える方が自然かもしれません。
今回のケースは今後の接続形態に対し、大きく影響を与えそうです。
31.9:595:842:247:350:NONALNUM-6E6574776F726BC7DBC0FEBBF6CEE328323031322D30312D303529:right:1:1::

Comments are closed.