iPadとその用途

今更ですがiPad2を入手しました。
私にとってiPadがどういうことで革新的か考えた事はあまりありませんでした。
発売された当初において、その必要性?を感じなかった事は勿論の事、どんなことに使えるか?を考えるのは二の次といって言い過ぎでは無い事実がそこにはありました。
さて、昨日iPad2を入手し、実際に利用する段階で困った事がありました。
初期設定の煩雑さがあげられました。
勿論、この点については「できなければ使う必要なんかねー」と言われるのがオチですが、実際に手探りで使うのは少し無理がある様にすら感じます。
良くパソコンは「使いこなせない」と嘆く方がおられますが、使いこなそうと思って使うよりも「そこそこ使えれば」十分だと思うのは至極もっと私は考えます。
今回iPadを使う目的は、主として「プレゼン用端末」が前提で、勿論ノートパソコンも使いますが、動作スピードや目的の動作を狙った操作に絞って考えれば、iPadで十分というのが率直な意見です。
現在の論争には、iPadの価格があれば「ノートパソコン」が購入できると言う事情があります。
ほかの使い道は、何かないか?いろいろ工夫を重ね検討していますが、iPadやiPhoneがMacの延長線上であるのは様々なGUI(グラフィカルユーザーインタフェイス)から見ても明らかです。
しかし、パソコンという端末においては「Windows」がやはり一日の長がありますが、携帯端末に限って見ればiPhoneが事実上の標準機となっている現実があります。
iPhoneやiPadには、拡張性といった機能は残念ながら持ち合わせていません。
しかし、それらがすべてオンラインのソフトウェアでまかなえると考えるとすばらしい事だと思います。
iPhoneが国内の端末メーカに比べ不利だったにもかかわらず、これほど大きな足跡を残す事になったのは
「動作スピード」
が快適だった事があげられそうです。
携帯電話で一番不満な事は「動作が遅い」です。どんなに性能が良い機械でもそのあたりの動作が遅いと利用する意欲がありません。
特にiPadやiPhoneがどういった場面に即応している点は、非常に評価すべき事と考えます。
もう少し勉強してから紹介できればと思います

Comments are closed.