iPhone4Sの攻防戦?SoftBank vs KDDI(au)

昼間、iPhone4の記者会見をリアルタイムに視聴してました。
様々な販売施策とともに浮上した今回の目玉といえば
iPadの端末代だけで無料利用できると言う何ともユニークなプランが期間限定で始まると言う。
相変わらずの無料大作戦ですが、これを見ながら個人的に悩んでいるのがちょうどiPad買いたかったんだなぁ
と言う購買欲にあわせた話題。
ソフトバンクの携帯電話をすでに2台所有して、iPadを加えると3台目になる訳です。
さらにYBBの特別プラン利用とあまりのヘビーぶりにどうすっかなぁ~と言うのが正直な感想です。
iPadがほしいと思ったのは別にミーハーなところでなく、実務的な事としてです。
ウェブサイトの簡単なプレゼンをする時に通常であれば、メインパソコンであるレッツノートを使えばほぼ充足できます。
しかしながら、ウェブサービスのプロモーションなどといったサービスの場でやはり紹介できないのは何とも心許ない。
だからといってその都度ノートパソコンで説明するのも難しい。
今後のキーマンとして考えるならばプレゼン用ツールとして、ウェブコンテンツの途中経過を紹介する端末として据えた場合には、十分使えるのではないかと考えます。
しかしそこでこんな疑問を投げかけるはずです。
「iPadをはじめとした端末はWindows機のようにフラッシュが使えないのでは?」という疑問が湧くと思います。
それを回避するならば「リモートデスクトップ」を使い、仮想WindowsをiPad内で展開して行うと言う離れ業については考えない事にします。
巷では今冬iPad3が発売されるのでは?と言う憶測もあり購入を考えているところです。
電波問題は現時点で明確な解は無いと考えています。
来年度に発売が予定されているiPhone5がWiMAX対応という情報があります。
その内容に沿ってau版iPhone5がWiMAX対応となれば機種変更は確実でしょう。
かねてから紹介している通り、私自身が手持ちである携帯端末はすでにiPhoneを入れて4台あり、これ以上増やすのはかなり抵抗があります。(っていうか持ちすぎだろう)
iPadを日常何のために使うのか?と考えれば、ネットを見るかゲームで遊ぶかの選択肢に限られそうで、前述したようなプレゼン用端末として使うにはやや大きな投資?かなと自分では思っています。
今回のiPhone4Sリリースに伴う拡販施策のポイントは
これまで「フォトビジョン」をセット販売する様な小手先の事でなく、iPhone+iPadで快適プラン
あわよくば2台分のパケット定額で増収増益と言うところです。
現時点のiPhoneユーザーの半数がこういった端末形態となればソフトバンクの契約者数は一気に増加するのは明らかです。
様々なメディアで実質0は詐欺みたいな事だと書いてありましたが、私はむしろ使い方さえ考えれば、月々約2000円でiPad2が手に入り、2年経過後は、3Gを使わないなら維持費もかからない。と言う楽観的な考えです。
必要なときだけ3Gで利用できるのは見方によっては便利な事と考えます。
後気になる点が一つあります。
私が以前、iPadを検討したとき、支払方法がクレジットカードで無く会社口座からの引落にしている関係上、契約が一括払いしか駄目だという事があり、もしこれがカードに支払変更となれば折角のキャンペーンに乗っかれないと言う事になりそうです。
キャンペーン期間は11月30日までなので、もう少し様子を見ながら検討しようと思います。

Comments are closed.