auのプランZはソフトバンクのホワイトプランと同じか?

昨日の記者会見でプランZが10月1日から使える様になった事ですが
ざっくり見た限りでは、ソフトバンクのホワイトプランに対抗した内容であるのは明らかです。
しかしながら決定的に違う部分が1つだけあります。
勿論「電波がauの方が良い」というのではありません。
実は、MMS(マルチメディアメッセージングサービス)を提供しているのはソフトバンクだけで、他社は提供が行われておらず、先日SMS(ショートメッセージングサービス)が相互乗り入れになったばかりで日本ではまだ独自意識が高い事を意味します。
今回の難点はこのMMSにauが現時点で対応していない点は明らかに大きく、一般論としては「パケット定額だから問題ないのでは?」と言う意見もあります。
過去に私自身も電波問題等を踏まえ、他社を促した際にクライアントからは「現場での写真を送信するときにMMSが役立つ。他社であればパケット定額等が必要になり採算が悪い」という説明を受けた際、改めてMMSの利便性を感じたのです。
もっともな意見として、今回のauからでたプランZがソフトバンクのホワイトプランと似て異なるところはまさにこの点につきると思います。
一方で、iPhoneをメインに使っているユーザーもMMSは頻度こそ少ないものの対応していないと言う点で見れば不便かもしれません。総合的な評価としてauからiPhoneが使える様になるだけで電波問題でソフトバンクのiPhoneユーザーはこぞってauへ移動するのでは無いかと見ています。
私の場合はiPhoneがソフトバンクからでようが、auからでようがさほど気にしてないのですが
au版iPhoneでテザリング(携帯端末をwifiの親機として使える機能)が解放されるのであれば、既存機をiPhoneに代える事も含め、検討の余地はありそうです。
au版iPhoneの活路は「テザリング」の有無にかかっていると言って過言ではありません。
そうなれば、ソフトバンクもテザリングを始めるのでは?と期待します。
そうなった際にデータ専用端末の売れ行きが一気に落ち込むはずなのでそこをどうクリアするかが当面の課題と言えそうです。

Comments are closed.