日々の習慣

ボク自身がこの仕事を始めて10年以上がたちましたが
やはり日々の習慣というのは続けなければ意味がありません。
その中でも大事な事が「名刺交換後」の扱いです。
メールが無い時代は電話をかけたり手紙を書いたりする事が多々ありましたが、昨今は電子メールがありますので、こちらを極力使うのが主流です。
あいさつは「先手必勝」という理念があり、よほどの事情が無い限り名刺交換後の当日中には必ずメールを一通送る様にしています。
メールを送信するのも相手を考えながら送信しなければなりませんが、日々の習慣というのはそれほどまで難しいというのが正直な感想です。
ただ、このメール送信で届く返信率とその状況を鑑みながら
「メールでやりとりができそう」な人と「電話がよさそうだ」という人に分かれ、前者であればすぐに返信が届きますが、後者である場合はどうしてもそのあたりに問題があると私は考えます。
メールアドレスが個人名であっても、ほとんど使われていないケースもあるため、一言にこれが良いとか悪いとは言いません。
メールはあくまでも「補助的なツール」であり、コミュニケーションの基本はやはり「電話」である事を忘れてはなりません。
そういった中でメールを送って翌日までに返信が無い場合は
「この人にはメールでのやりとりは期待できない」
と考えて間違いなさそうです。
もしそういった事が難しいならば、最初からメールアドレスなどを書かない事も大事だと私は考えます。
手厳しい様な事を申し上げていますが、現実はそれほど甘くはないとつくづく感じさせられました。
追伸:名刺交換してメルアド収集を行いスパムメールを送る不届き者も少なからずおりますので、そういった連中には鉄槌を下さなければいけません。特に○○パートナーズといった会社です。

Comments are closed.