FAXDMとその用途

FAXDMが届く事が時々ありますが、最近届くFAXのDMはあえて着信番号を表示して通知する事が増え、手の打ちようがありません。
しかし、DM送信するなと言っても、「法規制」が無いためこれも致し方なく、垂れ流しが現状です。
法に反しないから大丈夫という事はなく、インターネット社会になったこのご時世
「ホームページ上で洗いざらいされる」
というリスクを当然負わなければいけません。
私の会社でも内容の程度によりますが、悪質な案件については容赦なく公表していますが近頃はそういった
案件も皆無に等しく、DMを送るまでも無いような状況が続いているのもまた事実でしょうか。
そのFAXDMを送るべき最適な方法を考えてみました。
1:FAXDM専用の番号を作る
2:FAX番号を公表しない
3:相手からFAX送ると連絡を受けてからFAXをつなぐ
とくに「FAXDM専用」の番号を作るにはコストも相応かかりますが
DMが届いても支障が無い手段として
最適なやり方の一つ
「[g]NTTのひかり[/g]電話がある場合」
 >追加番号+FAXお知らせメール
 の組み合わせで事足ります。
 このやり方だと、DMが仮に届いても紙に打ち出す必要が無いため、不必要なFAXはそのまま削除するだけですみます。
その一方で重要なFAXも再印刷が可能になるなど利便性は相当良いと考えます。
もう一つの手段として
 「東京テレメッセージの[g]D-FAX[/g]」を使う方法
 恒常的なFAXには全く不適ですが、DMを送ってもらう分にはこの番号で送信してもらうのがきわめて便利です。
 020FAXに送信してもらうのは上記NTTのひかり電話が使えない地域または、月々の維持費がもったいない方へおすすめです。
 掲載上「FAXお知らせメール」の方がずっと「スマート」に見える一方、初期費用や月々の維持費はどうしてもかかってしまうひかり電話と、初期費用のみで原則無料のD-FAXは内容こそにているものの、発信元の制約がある面、どうしても敬遠されてしまいます。
 逆に敬遠される方が良いかもしれませんが
 FAXDMを撃退するのでなく
 あえてFAXDMを効率よく流させる事は大事では無いかと考えています。
昨今一番頭の痛い話題がこれです。
どういう会社との契約が自分にとって一番お得に使えるか?という事を調べてみると
月々が安い事は「当然」としながらも
1「最低利用期間」の縛りが無い事→「解約違約金」が発生しないという点
2「契約料が安いor無料」
の両方を満たすケースはほとんど無く
1の最低利用期間が無い場合は2のケースが有料となる事が多く
2が無料や安い場合は1の契約期間が2年から5年といった長期契約になる事があるのです。
それで1と2がそれぞれ満たせるケースは
1 ケーブルインターネット(ただし、解約諸条件があるため一言にいえず)
2 ソフトバンク携帯+ADSL(ホワイトBB)の契約
に限られてきます。
2については、携帯電話の契約期間に準じるため、ADSLの利用は「基本契約」と言うよりは、「オプション追加」と見た方が自然です。
それでも、月々1980円で利用できる事は魅力で
同業他社の契約と比較しても、1000円~2000円は軽く違う計算となるため
仮に携帯電話を980円で1つ契約したと計算しても、かなりお得?です。
ただし1980円の契約自体が「おまけ」のような位置づけであるため、正規契約に比べて制約が多いプランです。
正規のヤフーBBは、ヤフオクオプションやメールアドレス発給をはじめ、各種サービスが受けられますが、ホワイトBBについては、あくまでも「回線」のみのサービスとなります。
ただ、インターネットサーフィンをしたいだけ、メールアドレスは別に取得済みという場合は、ホワイトBBは十分検討する価値があると思います。
契約期間の縛りも無く、契約料も発生しないというサービス故に、手軽に始められると思います。
唯一の難点は、「提供エリア」にやや条件があり、くまなく・もれなくでは無いという事。
条件に合致するまたは、ソフトバンクケータイ(iPhoneなど)でもつかってみるか?という人にはお勧めです。

Comments are closed.