最近増えたサポートの傾向

ITサポートに限らず様々なパソコンサポート業務は多様化が進み

私の会社でも当然ながらその対応に迫られているのは言うまでもありません。
そんな中、ここ数年増えた案件は「パソコンのOS間移動」に関する作業。

当社では年間通して2割ほどあるこの事案は決して避けて通れない事にすら思えます。

さて、このサポートをどのように解決するかといえば

「手作業」で可能な案件
「システムを導入」する事で可能な案件
「問題外」のため手が出せない案家

と3つに仕分けされ、その中でも「システム導入」で行うデータ移行は、精度も高く
データ転送漏れがきわめて低い手法であるため、近年おすすめしています。

値段も手頃ですが、一度使用するとライセンスを追加購入しなければいけない欠点がありますが、
サービスの特性上これもやむなしと思いますし、キッティング作業を行うとすれば、メインに設定したパソコンの環境をほかの新しい環境に無制限で移行できる事を考慮すると安いと考えます。

データ移行作業はどうしても気をもむ作業である為、納品後も何が起きないかと不安になります。

しかしながら、件数が増えてくるに従って成功率が上がると確認点だけをみて作業終了する事がほとんどであるため
そういった心配も無くなりました。

ほかにも良いソフトがあると思うのですが
私が近年みた限りでは一番手軽で、確実に作業ができるソフトだと思います。

パソコンデータ移行ソフトはこの会社のほかにも多数あります。

しかし、このソフトだけは「データ+アプリケーション」の組み合わせで移行可能な数少ないスグレモノと私は思います。

是非一度お試しください。

Comments are closed.