銀行口座選びとライフスタイル

日常生活で銀行口座はいくつ必要か?という問いは
特別な事情が無い限り「1つ」あれば十分足りる
と言うのが個人的な意見である。
さて、そんな私が保有している銀行口座は10近いが実際に稼働している口座はわずか3つほどである
その使い道を考えてみた(なお会社の口座はまた別口である)
個人口座
*地方銀行口座(某銀行)
 →一番稼働してない。ただ、一番古くから使っているので未だに保有している
*郵便局総合口座(ゆうちょ銀行
 →楽天銀行との連動がメイン。会社口座の出金口座も兼ねている為ほとんど資金は横に流れるだけである
楽天銀行
 →上記郵便局口座からスライドで利用している。そのほかの利用方法を考えたが、今のところ見つからず。
  会社の口座もひも付け?されているため否応なしに利用が求められる
ジャパンネット銀行
 →一時期はメインで利用していたがいつの間にか頻度が下がり今ではオークションの入金先口座
じぶん銀行
 →auケータイとの連動のために開設。ATM提携率が悪く使い勝手が悪かったが、最近になって提携ATMが拡大したので今後の有力株
イオン銀行
 →イオン系店舗の割引カード代わり?に所有。WAONカードも兼ねているがコチラまで及ばない。
スルガ銀行
 →VISAデビットカードを始め即時決済向け。楽天銀行と同じ属性であるが、利便性は明らかにコチラが高い。
三井住友銀行
 →コンビニATMが無制限無料が魅力で開設したがいつの間にか制限がかかってしまい魅力半減。同行間振込が無料という魅力から主に振込専用として活用。(ただし長崎県には営業店はない為、福岡支店を営業店にしている)
このような事から一番自分に向いている口座はどこか?といえば答えは難しいのであるがこのほかにもみずほ銀行や、三菱東京UFJ銀行が当然長崎支店として存在するものの、みずほ銀行に至っては「使い道がない」、三菱東京UFJ銀行は提携銀行として「じぶん銀行」があるため、特別な事情が無い限り、個人で開設するメリットは低い。
大楠が考えた銀行口座
銀行口座をいたずらに増やす事にメリットは無く日常生活だけで保有するなら
「ゆうちょ銀行」総合貯金口座(普通預金)
「楽天銀行(キャッシュカードレス)」
で十分だと思う。
※VISA機能が必要なら楽天銀行デビットカード契約(年間1000円~)を加えると良いだろう。
事業も考えているとすれば
「楽天銀行・(ビジネス口座・普通預金)」
「ゆうちょ銀行(振替口座)」
「地方銀行(普通預金口座)」
の組み合わせが最強では無いだろうか。
この組み合わせをベターとする理由は「保有口座の銀行を必要最小限にとどめる事ができる」
公共料金の口座振替に「ゆうちょ口座」はほぼ100%使える。
長崎県の場合を例に挙げれば、地方銀行は「十八銀行」か「親和銀行」となる。
口座振替収納業務を今後考えているならば、地方銀行は親和銀行を選ぶ事が得策となる。
(十八銀行の場合は、包括収納業務に対応していない為、親和銀行に利便性がある)
※一般的な収納代行会社に依頼しても月々5000円程度になるため、銀行と直接契約するかは運用次第になるだろうか。
個人の場合は口座振替を「ゆうちょ銀行」から行えばほとんど事足りるが、会社で利用する場合はゆうちょ銀行の口座は、「振替用紙」が利用できる、振替口座契約で口座開設する事が望ましい。
地方銀行の口座は主として「公共料金引き落とし」に利用し、前述した「収納業務」も行えば、運転資金が定期的に入り、経費が自動的に引き落とされるため効率の良い事務効率になる。
そうなれば「楽天銀行」は不要ではないか?と思われるが案外そうでもない。
楽天銀行は「銀行振込」をする際の、専用口座として管理すれば、わざわざ記帳のために銀行へ足を運ぶ必要もなければ、ネットバンキング契約の為に、必要以上の経費をかけなくても良いというメリットもある。
振込先が「楽天銀行」だとちょっと・・・という方は必ずいるはずで、そういった時に役立つのが「ゆうちょ振替口座」である。
請求書にさりげなく「振込用紙」を同封すると利用率は実にたかい。
ゆうちょ振替口座の場合は「文書扱い」による送金だが、着金は処理日の翌日には行われ、入金通知はおおむね3日程度で手元に届く。
資金移動は窓口請求または、ネットバンキングによる振替を行えば、翌日には現金が手元に入る為不便は無いと思う。
この決済手法は、カード会社などの金融機関が整備している手法とはいえ
個人・中小企業レベルで行うなら十分効果はあると思う。
銀行口座が多い場合は「集約」も大事だと思うし、逆に1つしか持ってない場合なら、是非追加して損はない。
もし、事業としてオークションを考えているならば、上記に加え「ジャパンネット銀行」もあるとなお良いだろう。
ライフスタイルにあわせた銀行口座でほかにも優れた銀行は多々ある。
「利便性、知名度、安全」の3つを兼ね備えたら現時点ではこの組み合わせが最適と思う。
楽天銀行に限って言えば、楽天カード(楽天ポイントカード機能)をセットで使う事でより便利に使える。
銀行口座は可能な限り「集約」これにつきます。

Comments are closed.