仕事はほどほどに?

近頃は平均的な忙しさでなく、偏った忙しさ?の毎日を過ごしています。
忙しいときにこそ閑散期の事を考えよと良く言いますがなかなか実行できないのが私です。
それじゃだめじゃないか?と言われがちな私でも、最近思うことが
「仕事はほどほどに」
と思うのがあります。
無理をしても限界がある。
無理を続けると調子を崩す事もある
最後には、何もかも無くしてしまう。
そんな非情な結果があるだけに「ほどほど」と言う言葉が一番当てはまる様に思います。
依頼側からすれば、「ほどほど」じゃ困ると言われそうですが、ほかに良い言葉が浮かびません。
ほどほど≠いい加減
では無く、あくまでも「与えられた仕事はきっちりこなす」が前提です。
仕事はほどほどにという言葉は「きっちりやり過ぎて体をこわさない仕事のやり方」を考えるべきだと言いたいのです。
それが「ほどほど」って言うことなんです。
個人事務所となれば、始業時間も終業時間もあって無いようなものですから
その区切りにもなります。いろいろな場面でまだまだこれからですが、
当面は「ほどほど」でなく、「みっちり」しなくちゃいけない現実があります。
とほほ・・・

Comments are closed.