今更ながらWindows7にする

パソコンの動作がいまいち優れなかったこともあり、かねてから計画していたWindows7移行をやってみた。
これまでもお客さんのパソコンで行っていたので特別なこともなくすんなり終わる。
OSというよりハードの供給元がDELLが幸いして、ドライバディスクが最初から供給されておりインストールは無事に終わる。
メモリが4GBあることもあり、悩んだあげくOSを64ビット版にしたものの、32ビット版との違いがいまいちわからずの状態。
あとはWindowsXPからWindows7に切り替えて何か不具合?があるか考えてみたが、これといってなく
メールソフトやその他クライアントツールを軽くインストールして終了。
普段取引先でよく使用する、引っ越しソフトは今回は使用せずに実施
実際問題、使わなくとも事足りるのは再度インストールしてすむ事案と、引っ越しソフトによる弊害が必ずしも0とはいえないという2つの理由が大きい。
日頃は時間短縮と、作業効率を上げる点で活用しており、日頃使っているパソコンであれば使わなくとも最小限で作業を終了させる事だって可能だから。
まだ動作がなれない私ですが、ブログを執筆するときもWindowsXPではバグで動作不安定だった事も多かったが、Windows7になってから安定した。
やっとまともに仕事ができるか?
と思うが、サービスパック1もでた事だし、まだまだ油断はできそうにない。

Comments are closed.