知識が無いことよりも大事な事

意外と物事「知識」が浅く、すぐに答えられない事が多い
私も尋ねられてすぐに答えられない事ばかりで、何かと迷惑を掛ける事は多々ある。
それでも「どこ」に尋ねたら的確な答えが出るか?と考えたら難しい。
現実は「知識」の無い事を前提の話を進めなければいけない。
それが一番厄介な仕事にすら思える。
分からない事を分からないで終わらせるのではなく「どこに尋ねたら」大丈夫かと言う事をやはり日頃から知っておく必要は十分ある。
特に自分の会社の商品知識が無い事は「売れない」事と同じであり
それを顧客から指摘されてしまえば存在価値は無い。
忙しいことを理由にする前に「自分」の会社の商品知識をしっかり身につける事が重要では無いだろうか。
残念な話である

Comments are closed.