テレビの無い生活を考える

自慢じゃありませんが、我が家にはテレビがありません。
別にお金が無くてと言う理由ではなく、単に「見ない」というだけです。
日頃からパソコン屋という職業柄、画面(モニタ)を見る仕事である故、どうしても見続けるには無理があります。
その一方で、無いからといって困る事もありません。
テレビは元々、14型の小さいテレビデオがありましたがほとんど電源を入れる事も無く、引越前に水をブラウン管にこぼしてしまい、それ以来新しく買ってません。
元来私はテレビが苦手であまり見る習慣が無く現在に至ります。
いつも見ていたのは、報道番組が多くインターネット全盛の現在はネット上からの情報でほぼ事足ります。
携帯電話のヘッドラインも情報収集には問題無く
逆に「不必要な情報が入らない」という点では良いのかもしれません。
たまにはテレビを見る事も大事かもしれませんが、なんだか時間がもったいないような感じがしてなりません。逆にテレビを見ることで仕事との切り分けが出来るのでしょう
本当は、どれも程々にというべきですが
テレビを見る時間と同じくらいパソコンの前にいる私に取って
「パソコンを使う=テレビを見る」
事かもしれません。

Comments are closed.