過払金について研究する

仕事をする事は決して楽しいことばかりではない。
今日一日は、何ともやりきれない思いをした。
先日も取り上げた保険会社の件は既に泥沼化しているため、解決の糸口すら見えない。
世の中おもしろい事がある
大企業というのは「未払い」よりも「過払い」が困ると言うこと。
会社が利用者に対し、対価を請求しその支払いを行うと言う行為は、当然の事であり
その支払いを行う事が利用者の責務である。
その一方で、過剰請求に対しすべての支払いを利用者が応じる事は、会社にとって「都合の悪い」事が分かった。
金融機関の「過払い金返還訴訟」はまさに典型例である。
会社にとって見れば「過払い」される事は会社にとって経理上都合が悪いと言う。
さらに、返金させるためには、私の「署名捺印」が必要というからおかしな話である。
ここでおかしい話をしよう
おおくす「私の要求が受けられない以上、返金に関する書類にサインはしない」と言うが
会社「経理上困るので返金書類にサインをしてほしい。大楠の要求には応えられない。」と
既に話は平行線である。
普通は「顧客が、会社に返還請求」をするのだが、今回は「会社が私に対し返金を強要」しているのだ。
まさに前代未聞である。
世の中、広くこのような話題がにぎわす事はない。
私は支払いをするときに会社側へこのように通告した
「とりあえず、支払いには応じましょう。ただし、業者の事はあちこちで言わせろ。」と
しかしながら、実際には業者の話題を思い出すだけでイライラする為、仕事に没頭していた。
それから一ヶ月が経った頃、再度督促状が届く。
何のため無理矢理に事態収拾を図ったのか分からない。
結局、話は振り出しへ戻ったのである。
過払金が発生すると経理上都合が悪いらしい。
私なら客がいらないって言えば、「そうですか。じゃあお言葉に甘えて」と思う。
しかし、こういった企業であれば
過不足が出る事は良いことでは無いという。
未払い分がある時は「未回収金」として、計上ができるが、過払い金については「仮受金」になるのだろうか。
本来の回収金で無いため、計上として一番困ると言う。
早く経費処理をして帳簿から消し去りたいと言うが
当分は無理という声も聞こえる。
明日あたりにでも「過払い金」返還に向けた交渉を行うと言うが
最終的にはどうなるのだろう?
<大募集>
私と同じような経験をお持ちの方、是非、情報をお寄せ下さい。

Comments are closed.