ハードは廉価版でもよいがソフトは完全版が必要

長年こういった仕事をやっている事もあって、いろいろなソフトウェアをみたり使ったりしました
その中で感じたことは
「ハード」は「廉価版」でも支障なくとも、「ソフト」の廉価版は使い物にならない事
こればかりは実体験でいうしかありませんが、スタンダード版とプロ版という名称である場合は
迷わず「プロ版」を買う事がおすすめです。
いろいろ理由はありますが
第一にプロ版は「メーカが本来提供したい機能がすべて詰まっている」
スタンダード版は「広く世間一般の最大公約数の機能に絞っている」
廉価版は「このソフトの良さを知ってもらう為のお試し」
といった位置づけで、プロ版は多機能である分「操作も複雑」になるのです。
マイクロソフトのオフィスシリーズのパーソナル版はいわゆる「ワード+エクセル+アウトルック」の3点セット版で、利用者の大多数がまかなえるサービスです。
しかし、近年の需要から見た場合に「ワード+エクセル」だけでは足りず、結果として「パワーポイント」を追加する事もそれ故にパッケージングされているのが「スタンダード版」に当たります。
ある程度の予算があれば、迷わず「プロ版」を購入する事を強くおすすめします
ハードは後からでも付け足しができる事もありますが、ソフトの場合は、買い直しという状態となり
付け足しができないのが現実です。

Comments are closed.