ノートパソコンも10万円以内で買える時代に

ノートパソコンの相場を見るたびに
毎年安くなっているを見て、ため息をつきたくなる

WindowsXPの頃が平均15万円~20万円が相場だったのが既に、Officeソフト付きで10万円でおつりが来る。

だからといって、性能悪しという訳でもなく

その背景には、部品コストが下がったことがあるようだ。

最近、どこのメーカがよいのか?という問いは

基本的に「メーカ」で選ぶか「コスト」で選ぶかの択一式になってきて
その一方で粗悪メーカが排除されたことが市場原理として進んでおり、今はどれを選んでもどれが悪いとかない。

もちろんこれは、絶対ではない。国内主要メーカでも「手を出したくない」会社があるのも事実だし、好き嫌いで選んでよい

ただ、どれを勧めるかというときに「自分が嫌いなメーカ」は勧めないだろうが・・。

自分がこれだと勧めるパソコンはスペック以上に使い勝手を重視するので
どうしても「高額」になってしまうのだが・・・。

Comments are closed.