金融商品に関する規制と携帯電話の割賦販売

今日、NTTドコモから請求書が届きました。
請求金額は・・・・988円?
昨年機種変更以来、この金額のまま変動が無く、ほとんど待ち受け専用の携帯電話ですが
プリペイド携帯電話のように3000円で1ヶ月に比較しても格段に安い。
ここソフトバンクで一度、割賦販売で購入し、auでも割賦販売がはじまって一度購入したっきり、ここ最近は一括で購入するのが増えてきたのですが、今日NTTドコモに含まれていた書面を読み、驚きました。
「割賦あっせん販売購入者は7月1日以降、個人情報機関へ登録する」
という一文を読み、驚きました。
つまり
「信用情報に問題があるものは、分割払いは認めない」という事に読み替える事ができます。
すなわち
「携帯電話の未納は無いので携帯電話の利用契約は認めますが、支払い能力に欠けるので端末は一括で購入してください」という風に判断できます。
信用能力が低い人は、これから、新規で購入しても端末価格が0円ないし、数千円程度の物の契約はできても、逆に分割で購入する事は困難になる事を意味します。
ソフトバンク・auも同じような動きがあります。(既にそのような対応をしている場合があります。)
これから、金融商品に関する販売規制はますます進んでおり、決して油断する事はできません。
私たちも、このような動きには注意していく次第です。

Comments are closed.