通信インフラのこだわり?

私の事務所の通信インフラは、コスト削減と逆行したところが一つのこだわりです。
ファクスを使うなら「専用番号」じゃなければ、ファクスじゃないと思います。
電話環境で一番コストがかかるのは非IP回線をつかったインフラです。
通信インフラで「IP電話」を推奨するBBIQですが、実際は「不便」であることをあまり知られていません。
本当であれば、NTTのフレッツがあれば一番ベストですが、うちの事務所がエリア外という事情も鑑み、致し方なしにBBIQというところです。
さて、そんな話題はさておき
FAXでおすすめなのは、BrotherのMFCシリーズのファクスモデル。
(事務所においているのは [g]MFC-480CN[/g])
現行は MFC-495CN

これが、SOHO事務所に最適な理由として
*基本機能は業務用ファクスプリンターに匹敵する性能
*インクジェットであるが、インクのコストパフォーマンスがよい。
*ファクス専用・電話兼用を選択できる
*PCメモリはマルチスロット対応(単独でデジカメプリントが可能)
*ファクスはカラーFAX対応
*電話の着信ナンバーについては、ネームディスプレイなど基本性能はすべて網羅
*接続はUSB以外に、無線LAN、有線LANに対応
*競合機種にくらべ、最大3万~5万円安いこと(最安は1万円台後半で購入可能)
*複合機のジャンルになるので「コピー機」として利用できる
*用紙が、トレイ式なので紙の品質を維持できる(ただし、手差しができない点はマイナスだが)
*ファクス印刷はLAN経由で印刷可能なため、ペーパレス対応。PC印字の時、ページヘッダも自動的に作成可能
*パソコンにファクスモデムを使う必要がなく、ワイヤレス環境からもファクス配信が可能
そういうところを総合的に考えたら、予想以上に使えるおすすめ品で、私の取引先を始め、多数導入いただいた一つです。
ほかのメーカの製品ももちろんありますし、メーカのブランド・性能を考えたら、キヤノンのファクスプリンターが一番、ベストですが、価格帯はMFCシリーズの約2倍~3倍と、高額であるため二の足を踏んでしまいかねません。
そうなれば、ファクス専用機(電話系)を購入した方がやすくなるため一言によいとはいえません。
もちろん、事業形態などによって選ぶ機種は様々ですが一つの選択肢になるのではないかと思います。
特にインフラ・コストをかけたくない場合の選択肢として
050ファクスが個人的にはおすすめです。
020ファクスの場合は、送信ができないケースが相次いでおり、IP電話からの配信は事実上不可能であり、今後使えるようになるかは不透明な感じすら受けます。
それよりも、050ファクスを使うのは、事業面からみた場合に多少のコストがかかりますが
1:出先からファクスの確認をしたい場合
2:事務所を持たない場合(営業中心)
などといったケースで効果は発揮するものの、それよりも個人的にはフレッツサービスのオプションにある「ファクス転送サービス」が断然便利と思います。
電話番号+ファクス転送=210円(税込み)の魅力は非常にあるからです。
ただ、事務員は「ファクスは紙ででなければ意味がない」ということからペーパレスになることは当分ないでしょう。
一番の、移動型営業担当者は
「専用ダイヤル(090)」+「専用ファクス(050)」の組み合わせが今のところベストかもしれません。

Comments are closed.