初心者にわかるパソコン入門書とは?

パソコンの出張サポートを行う傍ら、操作指導で出張講師を行う事があります。 私自身の指導方針は「知りたいところをピンポイント」に集中して行います。 経済学者で有名な野口悠紀雄氏は、この勉強法を「パラシュート学習法」と命名し効率のよい学習方法の一つにあげています。 #「超」勉強法 # 出版社: 講談社 (1995/12/4) # 言語 日本語 # ISBN-10: 4062076012 「超」勉強法の主要ポイント 基本三原則:  1.面白いことを勉強する  2.全体から理解する  3 8割までやる 英語は教科書丸暗記法 数学はパラシュート法 国語は対象文章の字数を把握する 記憶のためには中味を長く 実際に、勉強する方からしても「基礎とかは良いから、まずはやりたい事から勉強したい」というのがやはり本心でしょうか。 ただ、前提になる事はいくつかあり、その中の一つに「教育とは、関心を持たせること。つまらない事を延々とやるより、おもしろい事を見つけて勉強する」という事にすると、嫌々ながらやるよりも「興味」「関心」をもってやる方が「ずっと飲み込みが早い」というのは、過去に経験した教育実習や全国にいる塾生がそれを体言してくれています。 私自身も、そう考えてみれば、初心者にわかるパソコン入門書というのは、まず最初に「パソコンの基礎」よりも「パソコンでやりたい」事をはなしながら見つけていく事が何よりも大事だと思うのです。 私自身は、パソコン入門書としておすすめするのは「パソコン用語辞典」 発行元は、各社差異はありません。見やすさや好み程度で結構です。 パソコンの用語でつまづくのが「現実」で、用語さえわかればちっとも「怖く」ありません。 学習する側は「使い方」のきっかけを我々専門家(講師)に対し、質問をぶつけ、それを理解するためには「尋ねられた事」に対し、「的確」で「わかりやすく」さらに「関心を持てる」ような説明が何よりも大事です。 私自身は、「わからない事をどう質問してよいのかわからない」という方を多く見てきました。 わからない事をどう質問するか?というのは、言い換えると「どこでわからない事が起きているか?」という問題を私自身が把握していれば、何を尋ねたいのかをくみ取る事ができるのです。 教えるというのと、使えるというのと別である。という言葉があるように「どうやったら相手に伝わるか?」というところでしょうか。 さて、本題の「初心者にわかるパソコン入門書」というのは、実際のところ「目的」無くして入門書の意味が違うということです。 パソコン入門書をもし買うとすれば 「パソコンという機械の基本」 「パソコンでどういう事をやりたいのか?」 の2点に限られてくるのです。 機械の基本は「電源」の入れ方。切り方。 パソコンを使った「目的」 Continue reading 初心者にわかるパソコン入門書とは?

久々に携帯電話の機種変更

最近、ケータイの機種変更をする事にしました・・・。 安い機種とか高い機種とかいろいろあるようですが ソフトバンクの携帯電話が年々「高い」という話を聞く度に どうやったら安く買えるか いろいろ考えてみると、ありました・・・ ソフトバンクの「スーパーボーナス特別割引」を使うと、利用年数に関係なく 「一定額」の支払い負担が生じるのに対し 「利用実績割引」を適用すると、なんと・・・・「スーパーボーナス特別割引」の半額以下で済むことが判明・・・。 がっかりしました。 そんなわけで、ポイントが1万ポイント近くたまっており これが今年の7月には「失効」する事が決まっており・・・ふぅ 昨年も3000ポイント近く失効させました。 さすがにこれ以上失効させるわけにはいかないと思い、思い切り機種変更に乗り出しました。 手出しが少し出ましたが、分割で購入するのと違い、精神的な事は減りました。 前回、同じような方法で購入したらもっと安く購入できたのにと思いますが、今となってしまえば仕方ありません。 http://onlineshop.mb.softbank.jp/ols/html/model/price/change_24.html このページで「新スーパーボーナス一括払い」と「新スーパーボーナス加入なし」を選ぶと、加入の一括払いと比較した場合、数万円の差が出ます。 これは、利用者の使い方によって「安い」「高い」があるので、一言にいえませんが iPhoneのようにスーパーボーナス利用前提の契約もありますが、実際は「スーパーボーナス」を使う場合の約30~50%引きがスーパーボーナスなしで契約する価格帯になっているように実質0と言いながらも、分割払いの実際は年利15~20%で計算すると「金利込み」に相当する感じをうけてなりません。 もちろん、これは憶測の域を出ませんが 少なかれ「クレジット会社」を間に入れる以上は販売価格のいくらかは、クレジット会社に支払う必要がある為、本当は「実質0%」はあり得ないのが私の見解です。 それからいけば、今回のような長期利用者が高額携帯電話が安価で購入できた事はある意味、順当な利用形態と思います。 ただ、機種変更までにつかった金額と今回の差額を考えると 少なくとも「赤字」のはずですが・・・・。 まぁこれは「平均的な機種」を私が選んでいれば「黒字」になると思います。 2年間近く、毎月980円しか支払っていなかった私が これからも980円で利用することを続けるにも なんらの制約が入らないことを 切に願うばかりです