電話の移設と光回線の弊害

今日は、知人が県外へ引っ越しすることになると電話が入り、久々に再会。
部屋の中は段ボール箱が敷き詰められていて足の踏み場も無い・・・ハハハ
相談内容は「電話を引っ越しする場合の段取りはどうしたらよいか?」という内容。
私は「116に電話して新しい住所を言えば大丈夫」と伝えた
その後、NTTが「引っ越し先では光が使えるから光で手続きしましょう」という事になった。
その話を聞いた私は「異議」を唱えた
*理由は5つほどある
1:ADSLを既設で使っている場合、移設の方が設定などの不備が起きず使える
2:家電量販店などで光回線の申し込みを行うと3~5万円の高額な割引キャンペーンを実施している
3:ADSLで使う電話番号をあらかじめ取得しておくと、NTT以外の電話会社へ移行が可能(もちろん、NTTの光電話にも変更はできるが)
4:利用開始までの期間が光工事より短い(約10日程度)
5:ランニングコストは光より安くなる(数百円程度)
これに加えて、仮に光を使う場合でもADSLを設置するべきだと説明した。
光回線はこの繁忙期に工事が多い事を考えれば、最低1ヶ月~2ヶ月待たされる。
その上、設定などの作業も当然伴う。
ADSLで契約しているプランは当然解約ないしコース変更を実施するなど相応のリスクは伴う。
一方で、ADSLの引っ越し工事であれば約10日程度で完了する。引っ越し先が西日本エリアであれば移行処理などもスムーズにできるため、リスクも小さい。
ADSLで利便性に不満を感じなければ、無理に光へ引っ越しの際、変更する理由は見あたらない。
どうせ光に変更するなら、家電量販店などの特典を最大限に利用し、ADSLからの乗り換えに備えた方がずっとよい。
良く「インターネットで申し込むと**円キャッシュバック」というふれこみがあるが、こういう点を考慮した場合、キャッシュバックの金額が大きくなる場合は少なく、店頭の申し込みをうまく活用する方がよい場合がある。
・・・これは、あくまでも「うまくいく場合」に限った事であり、実際はトラブルの温床になる事も多いので契約の際は「信頼」がおける第三者の方(とくに販売店と利害関係が無い方が好ましい。後は実際に利用しているユーザなど)と一緒に契約に立ち会う事が望まれる。
いずれにしても
不安がよぎる事が多いかもしれません。
このようなギャップが多い事をふまえつつ
ADSLを使って、引っ越し先で光が使えると言う場合でも
「ADSL」を引っ越しして使ってからの光回線の移行だと
「違約金免除」などの特典が受けられます。
(2年未満の利用者に対するペナルティ)
くれぐれも
「便利」な特典を逃さないためにも・・・
情報はたくさん集めてからがおすすめです。

Comments are closed.