日々のスパムと戦う

スパムメールが迷惑きわまりないと言う方がほとんどである今日、スパムメールと適度につきあう方法を考えてみるのが精神衛生的に楽な事である。

日々のスパムメールは、私の会社でも一日数百届く一方、実際に個人宛メールや特定の事業所メールについては、ほとんど届く事は無い。

これはなぜかといえば、「個人用」アドレスを一般公開する事が無い事もあるが、本質はメールの使い分けがスパムを減らす要因である。

私の会社では、個人宛と代表メールを別に設定しており、代表メールについては複数の目でチェックする。

会社用はスパムがくることは多少なりと織り込み済みでスパムも届かない程知られていないメールアドレスほど寂しい事もないだろうか。

スパムメールで近年多いのは、医薬品・アダルトである一方、SEO関係のメールが特に群を抜いて多い事に驚く

実際、スパムメールを毎日届く中から厳選して掲載しても掲載しきれない業者からのメールが届き、白昼にさらされる。

スパムというのは必ずしも「悪」とはおもわない

スパムメールによって少しは関心が届けばそれはそれでプラスになるからだ

スパムもたまには読んでみると以外と面白い事が書いてある

さらには、電話を掛けてみよう

本当に必要な事は、メールの先にある「人」だろうか・・・・

むずかしい世の中である

Comments are closed.