vista不評につき、OSのダウングレード決行!

そんな訳で、昨夜はOSをvistaからXPへ変更するべくダウングレードを実施することにしました。
OSなど必要なライセンスを準備していくところまでは何とかできたものの
肝心なドライバがすべてvista用であるために、メーカページで準備する始末
トホホと思いながらも、元々メーカ標準機能だった部分はすべてNG
実運用には支障もなければ、vista用のリカバリディスクも手元に残っているので、現実問題支障がでることは無く、無事に終了。
えらく動きが遅いとvistaで感じていたのですが、いざXPへダウングレードしてみると
速い・速い・ええええっ???と言うほどでした。
つまり今までが負荷がかかりすぎた上に、ソフトもまともに動作しなかったツケが今頃でたような感じです。
(註:速度については、大楠の体感であり、メーカなどが示したものではありません。)
普段使うアプリケーションを一通りインストールが終わり、ダウングレード完了ですが
すべてのパソコンにおいて、ダウングレードができるわけでも、推奨されている訳でもありません。
なぜならば、メーカ用パソコンは対象OSに対してソフトを構成しているため、他のOS(vistaであればXPなど)を使うことは想定しておらず、ドライバの供給もありません。
近年は、おかしな話で「OSは上位互換で利用」が前提であるにも関わらず、「下位OS」を使える「ダウングレード制度」をはじめた段階で「不発」であることを認めてしまった結果になったように思えてなりません。
うちの会社にあるもう一台のパソコンもvistaにすることが可能だったのですが、うちの事務員の強烈な「反対」に遭い、実現はしておりませんが、パソコンが壊れても当分はXPを使うことになるのは確実な情勢です。
来年度には新OSであるWindows7が登場することになりますが、Vista時に発生した問題が解消されていなければ、下手するとXP2?のようなバージョンが発売されかねない状況でもあります。
これはメーカであるマイクロソフトは絶対にさけなければいけない情勢ですが、にわか現実味を帯びたように感じてなりません。
日常使うパソコンの環境が不安定であればあるほど業務に支障を来すことは周知の事実でもあり、今後どうなるかは一番心配するところともいえそうです。
やはり一番の敗因は「XPとの互換性がほぼゼロ」だったことではないでしょうか。
本当の理由は「フリーダイヤルの管理画面」へログインできなかったことが
私の中で決意させたことでもあります。
改めて、パソコン管理の難しさを肌で感じた今日この頃です

Comments are closed.