WindowsVISTA あっけない終焉

近頃次期OSのWindows7がにぎわっている中、WindowsVISTAに関する話題が何とも寂しいのです
Officeに関する事も総スカン喰らっている上、近頃の話題も
http://japan.internet.com/busnews/20081215/12.html
(企業の半数近くがWindows Vista 導入見送り)
と言う事だから笑えるはずがありません。
この記事は昨年暮れの話題ですが、来年にもリリースが決まっているWindows7ですが、WindowsXPのサービスリリースは当分続くと言う見通しです。
一方で、現OSであるVISTAもXPよりは長いはずですが、今の動向を見る限りでは「超短命」に終わる可能性も正直捨て切れません。
私自身、本当はvistaへ全面移行の予定でしたが、この雲行きをみて「駄目だこりゃ」と判断しました。
うちの事務所で導入したvistaはわずか1台で、残りはWindowsXPなのです。
記事でも書いてありましたが「互換性」の問題はかなり深刻で、正直手の打ちようが無いのです。
開発ソフトをインストールしようと思ったんですが、XPまでは正常に動作したにもかかわらず、VISTAになったとたん「エラー」で使い物にならなかったのです。
OSの入れ直しも検討しましたが、泣く泣くあきらめました。
来年の7がどれほど、この失敗を生かしているか、気になるところです。

Comments are closed.