プリンタカートリッジリサイクルの過程

はじめて、プリンタカートリッジのリサイクルの様子をビデオでみました
エプソンの場合
「プリンタカートリッジ」を
ICチップ
プラスティック
スポンジ
に分解して
プラスティック、スポンジは洗浄して粉砕して再生品の作成
ICチップは動作をテストして再利用
しているという。
昔、ヤクルト工場で飲み終わったヤクルトの容器を回収して、ペン立てにした記念品をもらったことがあります。
私が小学生の頃なので、かれこれ20年以上前の話ですが
そう考えれば決して珍しい事では無いようです。
これを機にリサイクルという意識も必要ですが
インクカートリッジのコスト問題は決して今も解決していない難題として法廷闘争になるほど大変な事でもあります。
両方を天秤にかけて
@品質の純正品なのか
@コストの再生品なのか
は判断が分かれるところです。
うちの会社では、純正品を使うようにしております。
故障したときも、メーカに正規修理を依頼するためでありますが
いくら純正品を使っても、壊れるときは、あっさり「壊れてしまいます」これも仕方の無い話です。
私は「純正品を使うから、壊れやすい機械は作らないで!!」と切に願うばかりです

Comments are closed.