美しいコーディングに心がける

最近になって、ウェブページもプログラミングで行わなくちゃいけないと思うようになりました。
今までは、ウェブツールに頼った制作でしたが、近頃はテキストエディタでコーディングして、ブラウザでチェックすると言うなんとも「原始的」な手法に回帰しています。
効率面から行けば、ビジュアル制作が早くて簡単であります。
コーディングはその反面、コードを覚える必要はありますが無駄な部分が減り、メンテナンスも簡単になることから両方を取り入れながらする事が重要に思いました。
だからといって、ビジュアル系が悪いとは思いませんし、便利な場合ももちろんあります。
今回、この手法で構築するにはもう一つのねらいがあり、
CSSによる、レイアウトの汎用性をねらった所です。
以前から、CSSとHTMLの分離が大事と言われて、利便性を見てましたが、SEO対策を考えた際、避けて通れなくなったのが正直な感想です。
今までの手法をすべて捨てて1から始めるのは相当大変な事ですが、変化させなければ、次はないとおもう自分にとって重要なステップともいえます。
まだまだ、努力が足りないとおもう今日この頃です。

Comments are closed.