引き際を考える

今日も秋葉原の老舗ツクモ電気が民事再生法だという
うちの会社もバイオラボが自己破産という事態を考えると、どこも景気が良く無いなぁと思わせます。
さて、今日は市内某所へパソコンのサポートでした。その際、懇意にしているお客さんが仕事を辞めたとの事。
仕事もそこそこにお客さんの身辺を尋ねると、どうやら体調が思わしくないという。
それまで元気に過ごしていたというのですが、調子が悪いと病院に行ったら、「大変な状態ですよ!!」と言われ
その日の内に、仕事を辞める事を決意したとのこと。あまりの見切りの早さにただただ驚きを隠せませんでした。
いずれこの日がくる事は誰もが思う事ですが、職人であるその方は、仕事を後世に引き継がなくては?と尋ねたところ、
「もうオレの代で終わりだから。」と言われたそうです。
果たして私がその歳になったとき、同じ事がいえるのだろうか。と深く考えさせられました。
世代交代の波は少しずつ、自分たちが気づかない所で進んでいるように思い、改めて身の引き締まる思いです。

Comments are closed.