長崎自動車道バスが故障で立ち往生

今日、うまれて始めて、トンネル事故に巻き込まれました・・・・
所用で時津町まで出かける事にしていたのですが、なにせ「おくんち」の中日と言うこともあり、一般道は間違い無く「やばい」訳で
普通は、西山バイパス経由で向かうのですが、今回は多少お金がかかっても、高速+バイパスというルートで向かう事にしたのですが・・いきなり、ハザードを点灯させている、大型車が・・・
暗くてわかりませんでしたが、どうやら「バス」である事はわかったのですが
どこの会社かまではわからない。
その後、どんどん人が降りて様子を見るのですが
チャレンジャーが多い事にただただ絶句する私。
高速道路に降りるのは「自殺行為」に等しく、何を考えているかわかりません。
すぐに警察へ問い合わせてみると「へっ?そんな事起きているんですか??」という反応。
緊急要請をかけて片側通行をしてもらうよう電話を切る。
それから程なくして、パトカーや国土交通省のパトロールカーなどがどんどん到着し、現場整理がされ事なきを得たのですが
一緒に乗っていた人が「遅れるんじゃない?時間大丈夫?」と言うので、
すぐさま「一般道だと1時間だが、ここから諫早でも15分。多良見なら10分だよ。」とたしなめる
結局、事故があったにもかかわらず、予定時刻より30分も早く到着し、ホッとする私。
帰りは高速を使わず、一般道でのんびり帰っていると
今度は、松山の交番付近で連行されるBMW
上戸町のゲオ前で口論している軽トラのおっちゃん
それを横目に帰ろうと思っていた私は、道中電話がバンバンなり、急いで戻る事に
明日は一日仕事に没頭できれば良いんですが、何が起きるかわかりません。
パソコンの修理もしなくちゃいけないので、まだまだ仕事山積です

Comments are closed.