情報管理を考える

今日とある件で、取引先と打ち合わせでした。
情報開示はどこまで大丈夫だろうか?という事
最近は、何気ない事で問題になる時代だけに言葉も慎重に考えなければというところ。
機密事項が年々増えてきて、うかつに言えない。
有意義な話題でも、後々の事を考えると伏せておかねばいけない話題が山積みである。
やはり、情報戦になっているこのご時世、痛いところがおおいのである。

Comments are closed.