ひかり電話を使うにあたって基礎知識

ひかり電話に苦手意識があるおおくすです。
今日はあるところで感じた、ひかり電話の課題です
私があまりおすすめしない理由は、
「一部の特殊電話に発信が出来ない」、
「ファクスの送受信でトラブルが起きる」
「回線障害がおきたら、電話がダウンする」
「回線に負荷がかかると一気にダウンする」
などといった点でどれも起きてからでは遅い事ばかりである。
私自身が勧める回線構成は
アナログ1回線+ADSLでも十分対応は可能と考えている。
維持費も低く光に移行する際もやりやすいということ
IP回線の一番恐い話は「停電時」と「回線障害時」には全く使い物にならない事
よって「ひかり電話」は恐くて勧められない。ISDNは停電時にトラブルが起きても、電池を買えば復旧する。しかし、ひかり電話の場合は、インターネット回線がダウンしたら一発でアウトなのだ。
メリットは「月々の費用が安い」「通話料が安い」だけである。
一長一短であるため、組み合わせが一番大事なのだ
コストダウンも大事だが、時には「安心」を買ってほしいと願うのが本音である。

Comments are closed.