サービス向上で言いたいこと

近頃は、ばかばかしいことが多い
サービス向上のためにと言うよりは実際は出来てない事がある
某量販店で買い物をしたときのこと、ポイント会員制ということもあり、通常なじみの客だと何するかは見当もつく。
かくいう私も昔はお世話になったひとりという事もあり、店舗の事は誰よりも知っているつもりだ。
内情をしっているから逆に、いらだちを感じるのだろうと思う
無理なことを言うわけで無ければ、当たり前の事が出来ないことに腹立たしく思う
帰り際に以前からいる社員がいて、尋ねられたが私からすれば「わかりきったことで、ふてぶてしく見ていた事は確かである」
私が言いたい事は、プロならプロらしい仕事をしてほしい事だ
プロが少ない事がサービスの低下になるんだろうと思う。
私は、女性差別という言葉が嫌いである
仕事が出来る・出来ないという事では見るが
「男性だからできる」「女性だから出来ない」という見方は嫌いで
低レベルな事は考えたく無いからである。
自分の「無能」さを相手に押しつける事はなおさらであり
身の程知らずも甚だしい
某会社の上司と話をしたが、非常に疲れた声に返す言葉もなかった
過去数年にわたりこういう事象が無かったことだけに残念である
あまり目くじらを立てるなとお叱りを受けると思うが、ご容赦いただきたい
細かい部分まで言わなければいけない自分が情けない

Comments are closed.