序章~勉強嫌いが勉強をするわけ

今日からぼちぼち書いていく勉強嫌いが勉強をするわけというのは
単純に言えば「必要だから」するのである。
勉強とは、「おもしろく無い」ものだ
おもしろくないから「勉強」である
よく勉強は「楽しい」という方がいるが、私には理解が出来ない
おもしろいのではない「なれてしまっている」だけに思える。
最近は、インターネットがあるから本はいらないと思うが、結局、本屋で買い込む
理由は「勉強」しなければいけないというただそれだけの為に
学生の頃は、成績が良くても悪くてもあまり重要ではなかった。
テストの時に結果を出せれば良い訳だから
今は違う、常に結果を残さなければいけない立場になってきて初めてそのプレッシャーを感じる。
私が勉強をする本当の目的はココにあると思う。

Comments are closed.