パソコン屋ってどんな仕事しているの?

よくお客さんから「どんな仕事しているの?」と尋ねられます。
私自身、正直なところ同業他社がどうやって仕事しているかは「わかりません」
むしろ私も尋ねてみたいところがあるくらいです。
その理由は「パソコン屋だけでは飯を食っていけない」という話だけは聞きます。
ほとんどの場合、ほかに副業を持ちながら仕事していることが多いようです。
本業一本で仕事ができる人はよほどの営業力があるか、元々の基盤を持っている人だろうと思います。
これは、どの業種も同じでしょうが「始めるに易しく、続けるに難しい」と言う言葉に集約されるだろうとおもいます。
私自身も始めた最初の頃は、あるところで副業をしながら生計を立てていました。それくらい、生活の基盤がぜい弱で、どうやって伸ばしていこうと言うビジョンがありませんでした。
ただ、毎日を生活するので精一杯だったのです。
今振り返れば、あのときこんなことをやっていればもっと変わっただろうけどと思うことは多々あります。しかし、当時の自分には気づくすべもなく、失敗の上にあるワケですから。
そんなこんなでやってる私ですが、気が向いたときちょこちょこと更新しようと思ってます。
うちの会社にとって、価格とはあって無いようなものです。
プライスとはプライドなりという言葉があるが、自信があるからこの価格ですよという事だが、現実は甘くない。
うちの会社の方針は「損して得を取れ」という言葉がある。
ここで損しても必ず「得」をするところがある。
一時の損得よりも将来につながる利益を考える事が自分にとってどんなにプラスになるか
人間を見る目を養う事も要求される「カネ」と「信頼」の2つである。
1円でももらえば「立派なお客様」である。
安いから安い仕事をするのではなく、「値段以上の仕事」をしてプロだと思う。
これが「お得感」ではないかと
だからこそ価格には責任が持てる金額を取ることが大事じゃないかと

Comments are closed.