プログラム開発と改造

プログラミングは根気と忍耐が必要な部分が多く、どうしても頭をひねってしまう。
しかし、頭をひねったときよりも無心でいるときの方がどうしてもよいアイデアが浮かぶ。
プログラムとは「頭がやわらかじゃないといけない」のかな?という事を思い知らされる。
私は集中型で一度やり始めたら終わるまでやめない。やり始めたらトコトンやる。
毎日がエラーとの戦いでエラーがわかるとそのエラーをなくすためにまた研究する。
プログラミングはとにかく競争がない。強いて言えば、自分との競争である。
難しい事は苦手なのでつい簡単に考えてしまう。
プログラムは「難しい日常を簡単にする」事だと思う。
周りにはとてつもないプロが多くてたじろいでしまう。
それでもマイペースにがんばるしかないのだろうと思う自分がいる。
人間あきらめたらそこで終わり。今日も一日が過ぎる。

Comments are closed.