携帯電話

Apple製品発表会を見て~Apple Watch series3

投稿日:

image_pdfimage_print

Appleの発表会は秋の風物詩というか、すでに恒例行事になって真夜中の発表会をベッドの中にはいってiPadで見ていました。

途中寝落ちしながら、iPhoneXの話題のところで目が覚めて、その間のApple WatchやApple TVの話題はスコーんと見落として後から見るというオチ。

iPhone7のデザインがiPhone6とデザイン面で差がなく、iPhone7から搭載された電子マネー機能が画期的だった一方、iPhone8において充電機能の多様化と若干のデザインの仕様変更を除けば、CPUが高性能になっている事は当然としつつ、買い換えるという購買意欲は沸きませんでした。

今回Apple Watchが新たな機能とともに始まった事は、これまでApple WatchがiPhoneのおまけであって、iPhoneがなければ意味がないセットのようなものでした。

今回のモデルはApple WatchにeSIM(狭義のSIM)が搭載される事で通信ができる様になった点と、通話ができる(つまり電話番号を両方保有でき、端末は同時に利用する必要がない)点からApple Watch が新しい電話機として使える事を意味します。

このサービスが展開されるのが、ドコモ・KDDI・ソフトバンクの3社のみで、他のMVNOで利用できるという情報は今のところ見つけきれず、結果的に格安ケータイではフルに性能を発揮出来ないと言う(2017/9/15現在)

今後、この辺りについてもMVNO向けに対応する可能性はありますが、いずれにしても現時点においては対応は不可と考える方が賢明です。

月額オプション料金(税別)

会社 サービス名 料金(税別)
ドコモ ワンナンバーサービス 500円
KDDI(au) ナンバーシェア 350円
ソフトバンク Apple Watch
モバイル通信サービス
350円

各社新規契約の段階では、月額料金は何れも無料で展開する予定となっており、無料のまま展開するかどうかはまだハッキリしていません。

※テザリングのオプション料金はいつのまにか形骸化してしまい、有料で請求された事例が見つかりませんでした。

これまでの持論として、iPadは格安SIMを使う事も選択肢として十分検討する余地はあると申し上げました。

しかし、iPhoneについては格安SIMで利用するか判断が分かれると考えておりました。その理由は、通話定額やLINEの年齢認証などといったサービスレベルが格安SIMにおいては省略されており、今回のApple Watchの登場で、改めて主要キャリアとMVNO事業者の差を見せつけられた様に感じます。

一方で、iPhoneの契約を最小限に留めてApple WatchとiPadを持ち歩くという事も今後考えられると思います。

私自身は、通話のたびにiPhoneを探して利用していましたが今後はカバンに仕舞ったままで必要な時だけ開いて見るという事になると思います。

 

発売が楽しみになりました。

Facebook Comments

-携帯電話

執筆者:

関連記事

はじめてのMVNO~スマホのデータ通信を安く活用する

MVNOの契約ならパケット定額が月額1000円程度で利用できる未確認情報を得てから早数ヶ月。 MVNOとはそもそも何か? 正式名称では「MVNO(Mobile Virtual Network Oper …

no image

高校生のコミュニケーションツールの変化 :: 所長のつぶやき

つい10年近く前は、私も高校生だったなぁと思う日々です。 当時はまだ「ポケベル」世代でしたが、私はポケベルを持ってませんでした。 逆にパソコンはすでに自宅にありましたので、当時からパソコン少年?だった …

新型iPhone6の発売まで後1ヶ月

様々な憶測が飛び交う時期で、9月の第2週あたり予定では9月10日の深夜(現地時間9月9日)と報道されています。 気になる発売日は9月19日(金)のAMと予想しています。 毎年のように世界で一番早く手に …

iPhoneさん入院

今日からしばらく、iPhoneさんが入院です。 電話がないのはなんだか複雑な心境ですが、元々ケータイ依存症でもないためか、 無くても困らない。 ・・・それって仕事に影響がでるのでは? と思いがちですが …

no image

携帯電話年末商戦の前に

auが軒並み不調である事が気になる 先日発表したガンガンメールに魅力どころか「意味不明」なプランに閉口したのは私だけでは内はず そんな中で、フルサポートコースの特典を「目減り」させている事がその証拠に …