メアドにこだわり!?~キラキラメアドと傾向

メールアドレスにこだわりを持つ。   私がメールアドレスを最初に持ったのが、biglobeとnifty niftyのメールアドレスについては、もう15年以上は使っているが、たぶん誰も知らない。   メールアドレスを使い分け、私がどれだけ持っているか?考えたとき、確実に10は超える。   普段使うメールアドレスは @ai2station.comと@hama.ne.jp の2つ。 名刺で使っているのも@ai2station.comだから、@hama.ne.jpを見かける機会は結構減っています。   現在使っている@okusu.netにメールアドレスはあるのか?の問いは、実を言うと作っていないんです。 メールでやりとりするならほとんどが上記アドレスが大多数なので、これ以上増やす必要が無い理由からです。   メールアドレスの付け方や法則をたくさん見てきましたが、やめていただきたいアドレスの付け方をいくつか紹介します   1)やたらドットが多い たとえば、k.okusu@xxxxx といった要領でつけるアドレスは容認できますが、たまにk.okusu…@xxxxx というメールアドレスが現に存在します。 設計上、@の前にドット(.)を容認するシステム側に問題がありますが、プログラムを構築している方からしてエラーの原因になるのでやめていただきたいです。 また規則上ドット(.)が2個以上連続する事はあり得ず、また@の直前がドットがつくことももちろんあり得ません。   2)ハイフンとドットをやたら多用する メールアドレスに、v-o-v._.v-_-v@xxxxx というアドレスをつけている人がいました。 メールアドレスで顔文字を作っているつもりですが、こんなアドレスを口頭で言われた日にはたまったモノじゃありません。 名刺などでアドレスが記載されて、エラーで戻ってきたので結局電話でやりとりした苦い経験があります。 3)名前の後に規則性ある数字を入れる これは一言にだめとは言いませんが、数字を見ると誕生日とか暗証番号になっているパターンを幾度となく見てきました。 できれば、数字を入れるなとは言いませんが、よほどの事が無い限り数字を入れるのはオススメできません。   じゃあメールアドレスはどんなモノなら良いのか?   私の場合ですが メールアドレスは2つ取得をオススメしています。   1つは自分の名前を入れたアドレス。 例1)t-yamada@xxxxxx Continue reading メアドにこだわり!?~キラキラメアドと傾向