アプリケーション開発の日々を振り返る

最近の私があまりにもやる気が無いのは、お気づきかもしれません。
それでも、たまに自分のソフトが使われているのか?たまに気になることがあります。
vectorでソフトを掲載し始めて早10数年が経ち、その間様々なことがあってかすっかり遠のいたのが現実です。
95:992:909:350:321:vector:none:1:1::
どれが一番使われているのか?と探せば、Ez MIDI Dumpと言うソフトで国内のフリーウェアの中でもたまに名前が挙がってくるほどマニアックなソフトを開発したきっかけは、当時納得のいくソフトウェアが無く、試行錯誤の上完成させたのがきっかけでした。
それから、10年以上が経過し、ふと検索してみれば、あちこちで紹介してもらったことにうれしくなりました。
一つでは、「動作した」と言う話もあれば、もう一つでは「動作しなかった」という話など、直接は見てないものの、動作しなかった原因はデータのサイズと思うのです。当時の自分にはこれを作るのが精一杯でした。
改めて、作ったモノを見ると「本当に自分でつくったんか?コレ」と思う訳です。
16.7:409:183:350:157:ns5reditor:none:1:1::
そんな訳で10数年ぶりにアプリ開発を始めたのは、「ブランクありすぎて大丈夫か?」という心配からでして、近年ウェブサイトとシステム開発が中心になって当時の様な遊び心がどこまで出せるか心配です。
コンテンツ名に「Ez***」とつけているのは、当時からの名残で「Ez Post Print」も「Ez MIDI Dump」の時と基本仕様は変わっておらず、ターゲットがMIDI機器から郵便物に変わったと言う程度なのです。
近年の悩みはまとまった時間がとれないので、システム開発に時間が割けませんが、次回作はマニアックなモノじゃなく、「一般受けしそう」なモノを作ろうかと思っているんですが・・。

Comments are closed.