段取りの付け方

この話は、以前も取り上げた話題ですが
改めて書いてみたい。
準備8割は、お客さんがいつ来るかわからないところに対応できるよう
「いつでも準備」を怠らない。
実行2割は、「その場で対応できれば済む」
と考える。
しかしながら、実行2割のこの点に限って言えば、日頃から様々な研究・勉強をしなければいけない事情を持っている為、思うように行かないことが多い。
当日の業務に支障が出ない為には、空いた時間は常に「明日への準備」を続け、当日に慌てない為の工夫が必要だと言いたい。
もっとも、これは私自身にいえることであり、当日慌てて出かけて忘れ物が多い私にとってみれば、こういった準備は即、仕事喪失につながるので慎重にしたい。
こういうご時世だからこそ、「指さし確認」といった確認が必要だと思う。
マニュアルが万全とは言わないが、実情に応じたマニュアルは必要と考える。

Comments are closed.