おもしろいことを考える

私のライフワークといえば、企業システム研究。
これは、興味関心のある仕組みについて色々研究し、実践する事にあります。
私自身、車には関心はありませんが、車の構造的な仕組みは好きです。
だからといって、パーツをいじったりする様なマニアックな事は無理ですから、もっぱらカタログ集めです。
車の寸法や排気量をはじめ、タイヤのホイルペースの大きさとか言えばキリはありません。
おもしろい事を考える発想は、そういった部分にあるように感じるのです。
今日はあるところで、客先において検討会を実施。
問題点を提起しながら、コチラができる事を提案。
企業システムのおもしろいところは、様々な形でシステムデザインを行うところ。
おもしろい事を考える思考は、「どんな事をしたらもっと便利になるのか?」というところです。
人間だれしも「楽して稼ぎたい」と考える事でしょう。
楽して稼ぐのではなく、「おもしろく稼ぐにはどうしたらよいのか?」と思考を切り替えると、もっと 柔軟な発想が浮かぶのではないか。
と自分に言い聞かせています。
おもしろい事を考えるには、何らかの工夫が必要です。
その工夫は、意外と身近に埋まっているのに気づけない自分がいます。
困ったものです

Comments are closed.