仕事とは生きるための事だ

昨日に引き続き、今日も朝から出張。
出張先の社長と久々に半時間ほど意見交換をした。
その際に、ワークシェアリングと仕事に関する話になった。
人はなぜ働くのか?
この答えは実に簡単なものでした。
「生きるため」であると。
ごく当たり前の事に落胆を覚えました。
この生きるためというのは「働かないやつは生きていけない」事を意味するのでなく
義務感で働くのでなく、生きるために体を動かす。
うまく言葉に表せない自分がいますが、働く事はすなわち「生きること」。
生きることは、「人の役に立つこと」
私は、仕事を何のためにしているのか?という問いは
単純に「生きるため」の事として
そして、ちょっとだけ「社会に役立てること」
簡単な事じゃないけど、少しだけ役に立てたらと思う自分の思いを寄せて

Comments are closed.