年賀状を書いてみる

年の瀬も迫ったこともあり、年賀状を書いてみる
年賀状を出す枚数もいつの間にか年々減ってしまい、ここ最近は100枚出せば多い方である。
かつて大学にいた某先生は1500枚ほど出すと言うからそれに比べれば、微々たる枚数である。
年賀状もいつの間にか恒例行事とは言え、私にとって見れば大事な営業ツールかもしれません。
言い方は変ですが、年賀状を出す宛名・住所等は住所変更がされているならば正しく届きますが、されていない場合は、やはり届く事は無く戻ってきます。
近年は余りありませんが、一時期出しても宛名不詳で返送される事が多く、年賀状出すのも大変だと痛感した事は言うまでもありません。
年賀状を書いてみると言うより、年賀状を出して届くかどうかと言う感じでしょうか。
さてどんな内容にするか、ぼちぼち書いていこう。

Comments are closed.